バンでの自然体験!日本一周旅行者のためのアウトドア装備10選

こた&のの

私たちは今年の4月から日本一周を始めた幼馴染カップルです!

この記事では収納の少ない車で旅する私たちが厳選した、「これだけあれば大丈夫!」なアウトドア装備を10選ご紹介します。
実は私たちはキャンプに釣り、山登りとアウトドアが大好きなんです!

これからバンライフを始める方
すでにバンライフをしている方

すこしでも参考にしていただけると幸いです!

目次

寒さ対策編|冬季必須アイテム3選

1.ダウンパンツ

ワークマンのフュージョンダウンライトパンツ黒

こちらは「ワークマンさんのフュージョンダウンライトパンツ」です。
去年から狙っていましたがシーズンになると売り切れ続出で手に入りませんでした…

なので今年は販売開始後すぐにGETしに行きました!
風も通さなくて暖かいですし、汚れたら洗えるのも最高です!

2.充電式カイロ

HAGOOGIの3in1充電式カイロ ピンク

私たちが使用しているのは「HAGOOGIさんの3in1 充電式カイロ」です。
充電式で繰り返し使えて、スイッチを入れてから暖かくなるまでがとても早い!

しかもこのカイロ…
モバイルバッテリー
懐中電灯
としても使うことが出来るんです!
個人的に懐中電灯の明るさがめちゃくちゃ明るくておすすめです!

3.電気毛布

ニトリの洗える電気掛・敷毛布

私たちが使っているのは「ニトリの洗える電気掛・敷毛布」です。
ポータブルバッテリーと合わせて持つと最強です。

また、敷毛布だけで良い方はもう少し小さくて安いタイプもありました。
個人的には1人用なら小さい方で十分かと思います!

衣類関係|コスパ重視の入門モデル2選

4.トレッキングシューズ

ワークマンの高耐久シューズ アクティブハイク 27.0cm

こちらは「ワークマンさんの高耐久シューズ アクティブハイク」です。

登山に関しては私たちは始めたばかりで富士山や雪山を登るわけではないので今はコスパ重視のトレッキングシューズを使っています。
お値段は1,900円で、サイズは24.5cm〜28.0cmで展開があります。
女性は「アクティブハイクサミットハンター」だと23.0cm~から展開があるのでおすすめです!

5.レインウェア

私たちは100均で購入したレインウェアを使っています。

レインウェアは釣りやキャンプ、どのアウトドアでも活用するので必須です!
良い物ももちろんあるのですが正直100均でも私たちは十分使えています。

created by Rinker
Winter Cherry(ウィンターチェリー)
¥549 (2024/06/16 01:05:08時点 Amazon調べ-詳細)

その他アイテム

6.シェラカップ

CAPTAIN STAGのシェラカップ 目盛付き

こちらは「CAPTAIN STAGのシェラカップ」です。

山頂で軽食を食べたり車でご飯を食べる時にも汚れが付きにくいので重宝しています。
重さも軽いのでリュックに入れても負担が少ないのも嬉しい点です!

7.ポータブルバッテリー

EcoFlowのRIVER 2 Max ポータブルバッテリー

こちらは「EcoFlowさんのRIVER 2 Max」です。
ポータブルバッテリーは今やアウトドアには欠かせないアイテムですね!

特に冬季は電気毛布も使えるようになるのでおすすめです!

8.コーヒーマシン

BIALETTI のモカ エキスプレス

私たちは「BIALETTI さんのモカ エキスプレス」を使っています。
もちろんインスタントのコーヒーや紅茶でも良いのですが、コーヒーマシンがあるとさらにアウトドアが楽しくなります!

9.テント

ワークマンの耐久撥水ジョイントシェルター

こちらは「ワークマンさんの耐久撥水ジョイントシェルター」です。
車の横に設営することが出来てキャンプの時に重宝しています。

しかもこのテント、ポールも付属しているのでテントを立てたまま車の移動が可能なのも嬉しいポイントです!

10.ガスコンロ

CAPTAIN STAGの登山用バーナー

私たちは「CAPTAIN STAGさんの登山用バーナー」を使っています。
コンパクトで登山や釣り場へも簡単に持って行けるので重宝しています!

ただ、少し風に弱いので風防なども一緒に用意することをおすすめします!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は日本一周旅行者のためのアウトドア装備10選ご紹介しました。

アウトドアは楽しいですが無限にお金がかかります…
特に始めたての頃にはコスパの良い物がおすすめです!

最後まで見ていただきありがとうございました。 
また、次の記事でお会いしましょう!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次